布おむつ始めてみました。

娘が生まれてもうすぐ5ヶ月になります。とにかく寝てくれない、抱っこ大好きの我が子でして、当初は娘を抱っこしたままソファで一緒に眠り、ああ横になって朝まで寝れる日は来るのかと途方にくれたものです。

そんなこんなであっと言う間に月日は過ぎ、娘もよく寝るようになってきたため、空き時間に何かを始めたくなりました。離乳食にはまだ早いし、保育園見学も毎日ではないし、さてどうしようと思案中にとあるママ友の言葉が思い浮かびました。近所の児童館での雑談にて『布おむつ、慣れたら楽しいよー』と言われ、聞いた当初は無理だろうと感じましたが、布おむつについて調べていくと興味をそそられることばかりでした。

始めるなら離乳食で忙しくなる今しかないと思い、早速西松屋の通販サイトで購入しました。あまり気合いを入れ過ぎると続かないから、夜と外出時と次の日が雨の日は紙オムツと決めて、ゆる〜く始めてみました。

始めて一週間経ちますが、やってみるとなかなかいいものです。ウンチで汚れたおむつを夜にゴシゴシ手洗いするのは少し大変ですが、晴れた日に干してある布おむつを見て爽快な気分になります。我が子に触れる機会も多くなりました。そして、おむつカバーがかわいいのでテンションが上がります。

布おむつは繰り返し使えるので、次の子にも使ってあげたいなぁと思います。少しの節約とエコになるのも気持ち良いです。育児に慣れてきたママさんにオススメです。無理せずゆる〜くが布おむつを続けるポイントだと思うので、一緒にゆるく楽しんでやっていきましょう!

ガーデニングでお花やハーブを育てる事が大好きです

我が家は庭は狭いけれど、3階に屋上があるためそこの一部分をガーデニングコーナーにしています。

私がガーデニングが趣味になったのはベニシアさんと言うイギリス出身の元貴族の方で現在は京都の大原に住んでいて、古民家のお庭をハーブガーデンにして暮らしている有名な方です。

初めてテレビでベニシアさんを見た時、自分で育てたお花をお部屋に飾ったりハーブは料理に使ったりお菓子作りに使ったりと私が憧れていた丁寧な暮らしされている方なので、こんなライフスタイルを送る事が出来たら良いなと思いガーデニングを始めました。

本当は虫が苦手なので、最初ガーデニングを始めた時は怖さもありましたが、今ではそんなに気になる事もなく、毎日自分のガーデニングコーナーを見て、昨日は咲いていなかったお花が今日は咲いていたりすると嬉しかったりします。

ハーブは私はお料理に使っています。夏には必ず育てているバジルはトマトサラダにしたりパスタに飾ったりしています。

自分が育てたハーブでお料理を作ると気分も良いし一味違うと思うので、家族にも好評です。

まだまだ、憧れのベニシアさんには程遠いですが、自分なりに素敵なガーデニングコーナーにして、もっとお花やハーブを増やしていきたいと思っています。

安くておいしい、自宅居酒屋

最近お酒に弱くなってきて、家に帰りつくのにしんどくなってしまうことが時々あり、友人からの誘いも気乗りしない事が続いていました。

お酒を飲むのも、お酒の席でワイワイするのも大好きなんですが、ついつい飲み過ぎてしまうんですよね。

お酒の飲み過ぎで、友人に迷惑をかけてしまった過去もあり、家で飲んでいる方が主人も安心する様子。でもいつも家だけで飲むとなると、お酒の種類もビールばかり。おつまみも夕食のおかずと代り映えしないのでマンネリになってしまいます。

飲み会がしたい!家でもっと、居酒屋みたいに友達と飲みたい!と、一念発起。

基本のカクテルが作れるレシピを研究し、リキュールを何本か買い揃えてみました。

お酒はカシスリキュール、ココナッツリキュール、ジン、コーヒーリキュールと梅酒。それにオレンジジュース、コーラ、牛乳、炭酸水、トニックウォーターがあれば、組み合わせでお店で飲めるようなカクテルが何種類も作れます。味は殆どお店と変わりません。

特にカシスリキュールとオレンジジュースを1:3で作るカシスオレンジは、グラデーションも綺麗に出来て大満足です。

友人を何人か呼んで、おつまみも持ち寄りにすれば居酒屋よりもずっと安く飲めるので、友人たちにも好評でした。

自宅飲み会、ちょっと癖になりそうです。

修行と思って挑んでいる私の主婦生活

1日の大半をキッチンで過ごしているような週末。

平日だってフル回転で家の中を行ったり来たり、そんな中少しでも安くて、安全で、美味しい料理を心がけるのは主婦であれば当然?と思われがち。

確かに家計を考えれば安いに越したことはないし、食の安全を考えて尚且つ家族みんなが好きなボリュームのある料理、これはもう完全に理想である。

理想にはまだまだ遠く及ばないけれど、学生時代に培った体力だけには自信がある私は、日々スーパーをはしごして商品とにらめっこする。1円単位が明日の家庭に繋がるからだ。

車の運転が苦手で旦那から運転してはいけないという、お墨付きをいただいている私は時に公共の乗り物だって両手いっぱいにスーパーの袋を持ち移動してしまう。正直恥ずかしい。量が量なだけに。主婦になってからの方が汗だくになって生きている気がする。大きな会議やプロジェクトを任される事はないが、毎日が営業マン並みに動き、報酬はなくとも家族のため動いている自分に時より褒めてあげる。気付けば、こんな時間と思う事は仕事をしていた時よりも多い気がする。さっきお昼作ったばっかりだよ〜が口癖になりつつある。

がしかし今日も家族が健康で笑顔いっぱいに過ごせることに感謝している。結婚するとこんなにも日常がいかに大事で、家族に良い意味でも、悪い意味でも影響を与えるかが分かった。まだまだ私の人生の修行は続く。

母乳育児も楽ではなかったけど、いい思い出

赤ちゃんの育児って大変だけれど、本当に可愛いですよね。子供もすっかり大きくなって、本当に懐かしいです。

大変だったので忘れていることも多いのですが、やはり良かったなあと思うのは母乳育児です。

産まれてすぐは母乳出る方法を色々取り組んでいたもののなかなか母乳が出なくて、このままミルクなのかなあと考えていたこともありました。

助産師さんにマッサージをしてもらってからよく母乳が出るようになりました。

飲んでる姿はとても可愛かったです。よく母乳が出るのは出るで、楽ではありませんでした。

出過ぎて赤ちゃんがむせてしまうこともあったし、そこまでたくさん飲めないので、こまめに搾乳機を使ったりもしていました。

気を付けないと張ってきて痛いし、熱も1回だけ出たことがありました。

母乳パッドと言うのもその時初めて知って、母乳が出ても大丈夫なように下着につけます。

今では使うこともないものなので、いい体験だったなあと思います。

その後哺乳瓶などでジュースを飲ませたりするのが逆に新鮮で可愛いなと思ったり、母親業って素敵だなあと感じました。

家計管理って本当に波があります。

金銭管理は、苦手な方でそもそも浪費家の体質だと思います。しかし、結婚して子供が出来た今そんな事は言っていられません。専業主婦をさせてもらっている今、夫のお給料を無駄なく使わなければなりません。子供の将来の為、そして自分たちの老後のためにもいくらか貯蓄はしていかないといけません。しかし赤字になる月も多く、詳しく我が家の家計を分析した結果、住宅費が一般的な適正比率より上回っている事、イレギュラーな出費、外食、レジャー費が多いなどが主な原因でした。

住宅費は、住宅ローンですが昨今の低金利もあり銀行に金利を下げられないか聞き多少下げてもらう事に成功しましたが、そこまで月の支払いは変わりません。他に、自分で何とかできる項目は、外食、レジャー費なのですが我が家の場合その日にいきなり思い立ち無計画に出かけて出先で余計な外食をするパターンが多かったので、そこを計画的にすることでお弁当を持参したり、安いお店やクーポンを事前に探しておいたり、家で食べてから出かけるという事を実行してからかなり目に見えて節約効果が出てきました。

イレギュラーな出費は、突然夫が実家に帰らなければならなくなったなど夫関係が多いのですが、これが地味に家計に打撃を与えるので月々黒字の月に余った金額を封筒に入れておいて予備費を作る事でかなり解消されました。その封筒の存在を出来るだけ記憶から消すことがポイントで私の場合ついつい使ってしまいそうになるので夫に保管してもらう事で成功できました。

誘惑に弱いタイプの人は、家族にしっかりした人がいる場合協力を仰ぐことで節約意識が全体に広がりいい結果になる事が多いですよ。我が家の場合も、夫に預ける事で成功したので色々な積立封筒を保管してもらう役目をお願いしています。

主婦だけどダイエット頑張っています

主婦になってから家でダラダラするようになり怠けてしまう癖がついていました。自分でも太ってきたなぁと思いつつ、旦那に指摘されなきゃいいかと思っていたのですが、旦那は言わないだけで痩せてほしいと思っていたらしく、友人から太ったよね?と指摘されダイエットを始めました。

今まで買い物がなければ外に出ない引きこもりみたいな生活を送っていたのですが、旦那が出勤するときに一緒に家を出るようにし駅まで一緒に歩くようになりました。それだけでも進歩ですが、気が向いたら一駅分歩いたりして周りの景色を楽しんだり、今までなかったお店を発見するようにしたり楽しい気分になりました。

旦那が帰ってきてから新しいお店あったよと報告するのも楽しいですし、特に今まで夫婦の会話がなかったのですが会話を楽しく出来るようになり、旦那と休日そのお店にいったりするようになりました。

歩くだけではなく、昼ごはんを節制してみたり、毎日の掃除を重点的に行なうようにしてみたり小さな部分から沢山してみることにしました。

ジムに通うにしてもお金がもったいないですし、暇な時間は自宅で掃除をするようになり家も綺麗になり、私も一ヶ月で二キロほど痩せました。

旦那から、痩せた?と聞かれたときは嬉しかったですし家庭も円満になりました。